ストーカー被害対策・対処・撃退・相談ならハートガード。 ハートガードは被害に遭われている方の“心”と“身体”を守り、“対象者の愛憎”からガードします。

VOICE
ストーカー被害者の声

当ページではストーカー被害に遭われていた方の生の声をご紹介いたします。

近年大きく報道されたストーカー事件はこちら

Mさん

結果的にストーカーとなった方とは、どのようなご関係だったのですか?

Mさん:どこで知り合ったかの記憶がないので、面識がない人です。
学生の頃の話ですが電車通学の際、気が付いたら30代後半〜40歳過ぎくらいの男性が必ず同じ車両に乗っていました。

ストーカー被害を受け始めたきっかけは?

Mさん:最初は目の前の席に座られ明らかにこちらを見ていたので、とても不自然に感じました。

好意を持たれていると感じましたか?

Mさん:わかりません。
不安を感じている期間に話しかけてくることはありませんでした。

どのような被害を受けたのでしょうか?

Mさん:どんなに混雑していても通学時間を変更しても同じ車両に乗っているだけじゃなく、 改札やトイレで待ち伏せさたり後をつけられるようになりました。

どのくらいの期間被害に遭われたのでしょうか?

Mさん:3〜4カ月です。

ご自身ではどのような対策を試みたのでしょうか?

Mさん:駅員の方と学校に相談しました。
駅員の方から「以前に小学生の女の子を付け回し逮捕された人がいる」と聞き、 駅員の方と一緒に監視カメラで人物を特定する状況になりました。

どういった経緯で問題は解決しましたか?

Mさん:駅員の方が警察へ通報し、おとり捜査が実施されました。
駅でその人が私を発見し付いてきたところで、私服警官3名によって連行されていきました。

当サービスに期待することを教えていただけますか?

Mさん:当時は学生でしたので、親や担任の先生といった相談相手がいましたが、 社会人になった今は相談できる人が多いわけではありません。
ハートガードは専門的な分野を活かした解決方法を見つけてくれるとのことで、安心して相談ができそうです。