ストーカー問題の解決ならハートガード。ハートガードは被害に遭われている方の“心”と“身体”を守り、“対象者の愛憎”からガードします。

ストーカー被害対策サービス
ハートガード

ストーカー被害に遭われている皆様が日々の不安や恐怖から解放されることを目標に。
『ハートガード』は、あなたの“心”と“身体”を守り、“対象者の愛憎”からガードします。

このようなお悩みはございませんか?
  • つきまとい・待ち伏せ・押し掛け・うろつきなどの行為
  • 監視していると告げられる行為
  • 面会や交際を要求される行為
  • 乱暴な言動・行動を取られる
  • 無言電話、連続電話・FAX・電子メール・SNS上などでの嫌がらせ
  • 汚物などを送付される行為
  • 名誉を傷つけられる行為
  • 性的羞恥心を侵害される行為
>> 2つ以上当てはまった方はこちら
ハートガードとは?

ストーカー事案の相談件数は、ストーカー規制法が実施された平成12年から増加傾向にあり、ついに平成29年には23079名と過去最多を記録してしまいました。

また、近年はインターネット上でのストーカー行為も急増し、平成28年11月にネット上での嫌がらせ行為を規制するストーカー規制法改正案が可決されるまでに至ったことは記憶に新しいと思います。
ただ、そうした中、警察庁の『刑法・特別法の適用』や『ストーカー規制法違反』による検挙率は、平成28年が11.8%、平成29が11.3%にとどまり、問題解決の難しさを表しています。
さらに、こういった状況にもかかわらず、ストーカー事案を相談できる機関が少ないため、現実的には『警察に介入を要請し続ける』『ストーカー行為が収まるまで耐え続ける』 『法律事務所や探偵事務所に高額な料金を払うが問題解決には至らない』といったケースが多くを占めているのが現状です。
このような状況を踏まえ、私たちは被害に遭われている方の『心と身体を守り対象者の愛憎からガードする』という理念を基に、 ストーカー被害対策サービス【ハートガード】を発足いたしました。
私たち『ハートガード』は、ストーカー被害に遭われている皆様が日々の不安や恐怖から解放されることを目標に、誠実に皆様のお悩みと向き合っていきます。

ハートガードの取り組み

  1. ご来社いただくかSkypeのビデオ通話で30分の無料ご相談応対

    ご希望の日時に運営会社オフィスまでご来社いただくかSkypeのビデオ通話にて、専任の担当者がご相談内容をお伺いいたします。
    その際に問題解決までの対策を提案いたします。

  2. ご相談者様の安全確保。
    対象者の行動パターン特定

    緊急を要すると判断した場合は、ホームセキュリティや身辺警護サービスとの連携、一時退避場所の提案、防犯アイテムの貸し出しなどにより、ご相談者様の安全を確保。
    同時に対象者の行動パターンなども特定します。

  3. 数ある中から対策を決定。
    対象者への接触・対応

    ご相談者様と対策を協議・決定。
    『法律事務所から内容証明郵便を送付する』『専任の担当者が対象者と接触し、説得・納得させる』などといった問題解決を図ります。

  4. 対象者の経過観察。
    ご相談者様へのアフターフォロー

    対象者への接触・対応後、ご相談者様への定期連絡などで経過観察をおこないます。
    被害が収まらない場合は、別の対策に切り替え、実行いたします。

ストーカー被害の問題解決のための連携
  • 防犯アイテム販売
  • 警備会社
  • 法律事務所
  • 探偵事務所
  • 身辺警護
    サービス
  • カウンセリングサービス
  • 格闘技ジム
  • 不動産会社