ストーカー問題の解決ならハートガード。ハートガードは被害に遭われている方の“心”と“身体”を守り、“対象者の愛憎”からガードします。

MAJOR INCIDENT
近年大きく報道されたストーカー事件

菊池桃子さんにストーカー行為 元タクシー運転手逮捕
産経ニュース 2018年4月

女優の菊池桃子(49)にストーカー行為をしたとして、警視庁池袋署は3日までに、ストーカー規制法違反の疑いで、元タクシー運転手で無職の飯塚博光容疑者(56)を逮捕した。
昨年秋、配車依頼で菊池を乗せた同容疑者はマスク越しの声で菊池だと気づきストーカーに変ぼう。
調べに対し「好きだったから…」と供述している。菊池はこの日、ブログに「恐怖で眠れない日々が続いていた」と心境を明かした。(サンケイスポーツ)

永遠のアイドルにつきまとっていた元タクシー運転手が現行犯逮捕された。
飯塚容疑者は3月31日夕、菊池の自宅付近をうろつくストーカー行為をした疑い。
調べに対し、「好きだったから。話したいことがあった」と容疑を認めている。

池袋署などによると、同容疑者は離婚歴があり独身で、昨年秋、自分が運転するタクシーに菊池を乗せたことで自宅を把握し、自宅のインターホンを複数回鳴らすなどのストーカー行為を繰り返していた。
今年に入り、ストーカー規制法に基づいて同署に警告されていた。
逮捕当日もツイッターに「菊池さんに会いに行く」と投稿したため、警察官が警戒していた。

菊池は3日、犯人逮捕の一報を受けてブログで事件の経緯と心境を告白。
配車システムで自宅に呼んだ運転手が同容疑者で、その時はマスクで顔を隠し、会話は行き先を伝えただけだったが、「後日のメールによると(容疑者は私の)声で気づき、降車時のドアサービスで近づいてマスク越しに顔を確認したそうです」という。

その後、その時の乗務員と名乗った上で菊池の事務所あてに交際を求めるメールを送り、「私や家族に近づくことを示し、自宅に押し掛けるようにもなっていました」と説明した。

菊池の所属事務所は警察や弁護士を通じて飯塚容疑者に警告したが、最近になってタクシー会社を退職したため、「家族全員、恐怖で眠れない日が続き、不安な毎日を抱えてきた」と吐露。
「仕事についてはしっかり務めてまいります」と気丈に結んだ。

元記事を読む